HippoBlog
Web開発に関する備忘録や
日々の雑記ブログ
  • #Travel
  • 2016年3月28日
ENTRY TITLE

そんなに簡単なもんじゃないぞ、太陽を拝むなんて in 台湾

TEXT BY @hippohack@hippohack
TEXT BY @hippohack@hippohack
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日(3/10〜3/13)、残った有給を使いきろうと意気込んで2日間だけ(20日分近くあったのに)とって土日も使って台湾へ。

コーディネートは完全にうちの相方さん。ほんといろいろ手間かけました。

航空券、ホテルの手配。移動に使う現地での新幹線のチケットの手配。何から何までやっていただいて、ほんとありがとね。

レッツゴー!

飛行機はLCCのピーチで

関空までは上本町から出てる関空行きのリムジンバスを使用。

往復で買って2800円とかだったかな。小さい切符なので帰りの分をなくさないか心配だった。

片道 近鉄上本町・心斎橋・OBP⇔関西空港 1,550円 往復 近鉄上本町・心斎橋・OBP⇔関西空港 2,800円

引用:近鉄上本町・心斎橋・OBP | 時刻表・運賃 | 関西空港交通株式会社(KATE)

今回使用する飛行機は格安航空のピーチ。

関空の第2ターミナルからの出発なので直接第2ターミナルまで行ってくれるこのリムジンバスは大変便利。

何にも無いじゃん第2ターミナル

第2ターミナル今回初めて行ったんですが、でっかい体育館みたい。

ほんで今んとこピーチ専用なのね。まぁユーザーとしてはそれはそれでよかった。わかりやすい。 ただまぁご飯食べるとことかお店とかが限られてるので若干寂しい。空港を楽しむってのはできないかも。

ということで時間もあったし昼ご飯を食べようと一旦第1ターミナルへ移動。 やっぱ違いますよね。でっかいよね。

第1、第2間の移動は無料のバスが随時走ってるので助かる。 あんまり空港深くまで潜るのは嫌だったし、奥さん仕事しなきゃだったのですぐに見つかったバーキン(BURGER KING)へ。

バーキンって言うんですって最近の子は。おじさんには判らん言葉です。

夜まで食えないのでがっつり食った。 ピーチは機内で飲み物も有料なんでね。飲み物なんかは検査通ってからお買い求めされるのがいいかもですね。

腹ごしらえも終わって、第2ターミナルに戻ってチェックイン。

免税店少し買い物して、奥さんロビーで仕事再開。 免税店ありました、第2ターミナルにも。少ないですが。タバコ買いたい人も安心ですね。

奥さんが仕事してる間、自分は空港Wi-Fiを使ってHulu鑑賞。

Wi-Fi助かる! 海外ドラマ「フレンズ」、レイチェルがスターウォーズのレイア姫のコスプレをする回を見てた。

そんなこんなで搭乗

第2ターミナルはいったん外にでてから機内に乗り込む感じでした。飛行機の全体を見渡せるのでこれはこれで嬉しい。

よっしゃ乗ったぞー! せっまっ! やっぱLCCだけある。マジ身動きとれないっすね。軽自動車の後ろに乗ってる感覚。

まぁ、自分の場合安いに越したこと無いので全然OKでした。搭乗時間も台湾 桃園空港まで2時間ちょいだけなんでそんなに苦痛ではなかった。

面白かったのは着陸間際「安全確認はご自身で行ってください」っての。これは行きも帰りも両方だったのでよくあることなんだなと。

桃園空港着&バスでホテルへ向かう

とりあえず現地SIMでルーター起動

到着してとりあえず、税関通る前にSIMを買えるところがあったのでさっそくSIMをGETする。

日本にいる間に調べてみていたのですが、自分の手持ちのWi-Fiルーターが海外でも使えるものだったのでスマホに直接入れてしまうよりもルーターに入れて使えば奥さんとも共有できるので絶対おすすめ。

買ったのは中華電信ってキャリアのもの。

3日間でも5日間でも300ドルだったので滞在は4日でしたが5日間をチョイス。 空港の中のお店だったので日本語も少しわかる店員さんで助かった。この人が台湾で初コンタクトをとった人だったのでテンパったが安心したよね。

APN設定なんか必要ですが、日本にいる間にちょこっとやっておけるのが便利かも。

参考サイト:EMOBILE LTEルーター + 台湾の現地プリペイドSIMでの接続に成功!

飛行機に乗ったときから常に機内モードに設定してた。現状入っている日本のSIMでデータ通信などされるとやっかいなので機内モードはそのまま継続で、Wi-Fiだけオンにする。

接続成功。

うんうん、やっぱスマホもルーターもSIMフリーに限りますな!

無事に税関を抜けてバスに乗る

インターネットへの接続手段も無事に確保できたのでホテルへ向かう。 あちゃー外は雨でした。

桃園空港からバスで1時間ぐらいの移動。板橋(バンチャオ)区にあるロイヤルガーデンホテルに滞在。

バスで板橋まで出て、そこから地下鉄(MRT)に乗って一駅の立地。駅近だし、一階にスタバもあったりで大変便利。 なんか日本のラブホみたいな感じでしたが安いし、なんの苦もなかったっす。まぁ暖房がまるで効かんかったけども。その辺はご愛敬。

MRTに乗る前に悠遊カードを手に入れる

やっぱ台湾にもあるんですよね「ぴっ」が。 PitapaとかICOCAみたいなやつです。現金をチャージして使います。 こいつのおかげで滞在中の移動が大変快適なのと料金もお得になる。絶対活用すべきです。

参考サイト:台湾MRTは悠遊カード(EASYCARD)で交通費を2割安く!現金チャージ方法の徹底解説

100ドルのデポジットと500ドル分チャージしておいたんですが、帰るときに換金したら100ドル以上残ってた。あんなに地下鉄乗り倒したのに。あんなにですよ、あんなに。 わかんねーか。

観光の移動はMRT以外にも電車、バスすべてこれでペイできたのでいちいち切符を買う手間もないのでぜひ活用すべき。

タクシーや、新幹線なんかはもちろん別なのでご注意。

2日目 観光スタート

img04-25-03-2016 img03-25-03-2016

雨じゃんよ。 朝8時ぐらいには起きたかな。とりあえず朝食をホテルすぐとなりのカフェで頂く。ホテルのクーポンが使えるってことで朝食付きだったってことですな。

素敵なカフェで。台湾案外おしゃれなんす。 メニューは、チャイニーズとウェスタンを選択可能。 この日はチャイニーズに。 なんか豪勢なおかゆでした。中国の朝食って感じですね。

ロンシャンテンプル(龍山寺)へ。

img05-25-03-2016 img06-25-03-2016 img07-25-03-2016

まずは、ロンシャンテンプル(龍山寺)へ。

なんかこの日だからなのかわからんが、結構な人が集まっててお祈りしてた。 線香買うものかと思ったらもらえるんすよね。これはありがたい。

なんか周り方も決まってるみたいで、わちゃわちゃしてたら親切な向こうの方が教えてくださいました。 優しいよ、台湾の人。

まずは一番手前の壺?みたいのから線香(全3本)さして、順番にまわっていく。 奥の方では、石を転がして占うやつも。 女子しかならんでなかったな。石の目によっては占いすら出来ないんだとか。 「おめーは占うまでもねー」って言われてるってことですかな。

ロンシャンテンプル周りおわって たしか、まだ9時とか。 あっちのお店はだいたいが11時オープンみたいでなんにもすることなし。

台北101&四四南村

img09-25-03-2016 img08-25-03-2016

とりあえずまぁ見ておこうってことでMRT乗って台北101へ移動。

でたー!でかー!でお仕舞い。

出オチでしたね、台北101。 雲に覆われてラストダンジョン感がすごかったな。

なのでか知らんがなんとなく中に入ってみようという気にもならんかったな。たぶん時間的にも空いてなかったしな。

時間を持てあましながらガイドブック通りに四四南村(シーシーナンスン)へ。 可愛い感じのとこ。のはずだった。

ここもたぶんやってないからかなんにもない気しかしなかった。んー、可愛げもない。

参考:眷村の魅力に触れよう「四四南村」|台湾観光のブログ

なんか難しいぞ台湾観光。

忠烈祠

img10-25-03-2016 img11-25-03-2016

行き場に困ったので「台湾っぽいところへ行ってみよう」ってこと忠烈祠へ。

まずはMRTで「圓山駅」へ。 この駅楽しいっす。すぐ上空を飛行機が飛んでいくのでなかなかテンションあがる。

そこからバス(線がいっぱいあるので注意)に乗って「忠烈祠」へ。 「見たことある〜!」 「あ、動かない兵隊さん!」 せやけど全然人おらんかった。観光スポットなんかねほんまに。

参考:旅々台北

帰りのバス停がすぐ向かい側にはなくって結構離れてるので注意ポイントでした。

台湾グルメを求めて(胡椒餅・小籠包・パイナップルケーキ)

胡椒餅

img01-25-03-2016 img02-25-03-2016

ここからは怒濤のグルメ散策。

まずは、胡椒餅を求めて台北ステーションへ。

駅の前を歩いて、三越の前を通り過ぎたらターンレフト。しばらくまっすぐ歩くと、急に出たーガイドブックに載ってた「胡椒餅」屋さん。 確か1個50元やったかな。うまい。屋台感もあっていい。今回残念ながら夜市へは行かなかったので台湾ぽいものを食べれてご満悦。

パイナップルケーキ

続いてパイナップルケーキを買いに。

どうも嫁さんの情報によるとパイナップルケーキは台湾では有名なお土産物だそうで。中でもホテルのオークラプレステージで帰るパイナップルケーキは絶品で、人気もナンバーワンらしい。

そうと聞かされちゃあどうせ買うならオークラでしょう。

午後からの入荷で人気のため売り切れることもしばしばらしいので時間あわせて行った。ばっちりゲット。

嫁さんもこれをゲットした時点で「台湾旅行は終わった」ゆうてたので、それほど重要なポイントのようです。パイナップルケーキ。 台湾に来たなら絶対手に入れたいですね。

小籠包

img12-25-03-2016

定番小籠包。 いよいよ時間も差し迫っておりましたので台北ステーション近くでガイドブックに載ってるお店で小籠包を食うことに。 Googleマップが大活躍でございます。

今回行ったお店は「 」。ここも台北ステーションから近いとこなので狭い範囲でいろいろ回れて大変便利です。

インスタントラーメン

スーパーでラーメン買った。

コンビニで気になるラーメンがあったので、せっかくなのでこっちのスーパーも見てみたいってことでネットで検索してよさげなところがあったので来てみた。

まぁまぁ普通のスーパーですな。しっかり目当てのラーメンもゲットしたのでとりあえず満足。

海外っぽいところで言えば、牛乳とかがパックじゃなくてでっかいボトルだったり。これはコンビニでもそうだったけど、袋が基本有料みたいです。コンビニで袋をお金出して買ったらすげーしっかりした袋くれた。エコバックを持っておくのがおすすめですね。

参考:食べ台湾!美味しい台北 : スーパーマーケット

十份・九份へGO!

十分で願いをこめた天燈上げ

ひとしきりグルメを楽しんだので、午後からはしっかり観光を楽しみます。この時点で14時ぐらいでしたかね。

あー、日本との時差は1時間。台湾の方が1時間早いみたいです。

移動にはMRTではなく、 台湾鉄道(台鉄)を使います。 台鉄も悠遊カードが使えた。 ここでも親切な現地の方に助けられた。 なんかおばあちゃんが沖縄に住んでるんだとか。 瑞芳駅で乗り換え。

ここからバスで九分へ向かうのですが、とりあえず九分へ行く前に十分へ行きます。 乗り換える電車がくるまでちょっと時間がある。 相方さんの機転で事前にバス停の場所だけ調べておいた。なんか駅前にあるやつかと思いきやちょっと離れたとこにあるんですよね。これも注意ポイント。なんか警察署の近くでした。 電車が来るまで駅前のカフェでコーヒーをいただく。 こじんまりとした店、寡黙な店主、本格的コーヒー。たまらん。惚れてまうやつやで、これ。 時間が来て、電車乗車。 十份到着。相変わらず雨。 なんかこのへんざっくり書いちゃったな。まぁいいや。

img13-25-03-2016のコピー

そうそう、本来は先に猫町??に行こうとしてたんですが、雨がひどかったりで急遽中止に。 で、十分にも猫がいたのでパシャリ。

参考:台湾にも “猫の楽園” があった!! ニャンコ100匹が暮らす猫村「猴硐(ホウトン)」 九份の最寄り駅から1駅! 足を伸ばして行ってみよう | ロケットニュース24

ここは線路沿いが繁華街みたいになってて、すぐ目の前を電車が走っていくのが有名です。 自分たちは時間の都合というか、雨やら、寒さやらでちゃんと見ることはできませんでしたので、適当に検索してイメージ沸かして見てください。

img14-25-03-2016

これだけはやりました!天燈上げ。これはやりたかったんですよね。 有名でしょうね、天燈に願い事を書いて熱気球状態にして空に飛ばす。無事に飛んでいけば願いが叶うって言われてるやつですよね。

書いたねー恥ずかしいことを惜しげもなく書いたね〜。嫁に「きもっ」って言われるようなこと書いたねー。 いいよ、なんて思われようと。自分が書きたいことを書きます。言論の自由ですよ。なんか違うけど。

飛んだ〜!いけ!いけ!いけ〜〜〜〜〜〜! 無事飛んでいきましたよ。よし、願いは叶うでしょうよ。

怒濤の九份

img52-25-03-2016

雨もひどかったのでそそくさと九分へ移動。あたりはすっかり暗くなっております。 九分への移動中、寒さからか相方さんも元気ない。正直もう疲れてる、なかば自分が行きたいって言い出した場所だけに申し訳ない気持ちでバスに揺られてしばらく、えげつない人の多さを目の当たりに。

なんじゃこれは、朝の忠烈士は何だったのってぐらいの人の多いこと。みんな今までどこにおったのよってぐらい日本人多いし。 なんかちょっと、ゲンナリ。 しかも、九分っぽい、あの提灯の美しい光景がどこにあるやらわからない。寒い。しんどい。 わからない。寒い。しんどい。の感情が3回ぐらい回ったときに決まりましたね、「よし帰ろう」。

ホテルへ戻ります。

この日は体が冷えきったせいか、ホテルのユニットバスが最高の温泉気分でしたよ。 空腹が最大の調味料的な。 そして爆睡。

3日目 台湾のウユニ塩湖を目指す!

台湾のウユニ塩湖「高美湿地」

知っておられるでしょうか。南米のボリビアにあるウユニ塩湖。綺麗ですよね。 台湾にもあるんですよね。台湾のウユニ塩湖 「高美湿地」

参考:まるであの”ウユニ塩湖”?台湾「高美湿地」の幻想的な鏡張りの絶景 | RETRIP

こーんな素敵スポットをこの日は目指します。

で、この日の天気はくもり。うん、雨は降っていない。Good!!

一路、台中へ

板橋から台湾高速鉄道を使って台中へ。この日の移動はまず新幹線です。チケットは嫁が用意してくれていました。ほんと何から何までありがとうございます。すみません。

前日にコンビニでチケット受け取りをしておいたのでスムーズに新幹線に乗り込むことができました。 新幹線、楽ちんです。

新幹線の台中駅から在来線の台中駅へ

ちょっとここがややこしポイントでしたね。というのは、新幹線の台中駅から在来線の台中駅までは結構離れています。

で、次にとりあえず台鉄の清水駅を目指すのですが、在来線の台中駅から海線に乗って清水へ移動します。 この新幹線の台中駅から在来線の台中駅までの移動にてんやわんやしました。バスに乗って移動を試みたんですが、直接駅まで行ってくれず途中から徒歩で台中駅へ向かいました。 このへんでちょいとグダグダっとしてしまい、時間をロス。完全に自分のミスでした。嫁さんにも迷惑をかけました。すみません。 で、結局時間のことなど踏まえてタクシーで「高美湿地」まで直接行くことにしました。てへっ。

到着&雨じゃんよ

えー、雨。もうこうなったら安定の雨ですよね、台湾。雨期なの?なんならそこそこひどい雨。海沿いってのもあってか傘がひっくり返るぐらいの風もある。

ほんとこの時期の台湾旅行は長靴&雨具は必須かと思います。 到着した時点で想像していた美しい風景はみることができないと悟っていました。

まぁ、とりあえずあの先まで行ってみよう。 残念ではありましたが、折角来たのでたくさん写真だけ撮っておきました。帰って加工するか。。 加工してみた(嘘。まだしてない)

img53-25-03-2016

雨もかなりひどくなってきましたので、日が沈む時間も待つこともできずに退散することにしました。もちろん帰りもタクシーっす。

全然昨日の燈籠上げの効果ないやん。最悪でしたな。

チャラーンと在来線の台中駅へ戻りまして、そっから元来た新幹線の台中駅へ移動します。

台中は台北と違って、人は多いけどすぞい雑多感じというか外国っぽさがありましたね。台北はもう日本におるんと変わらんような雰囲気だったので。

帰り道の英会話チャレンジ

高鉄 台中駅で「はなまるうどん」食う

そうとうお腹空かせてたのか、いい加減台湾の独特の味付けに飽きてたのか、日本が恋しくなっていたのか、全部でしょうね。発見と同時にもう入店してました。 とりあえず新幹線乗るまで時間もあるし、体冷えてるしってことでおいしいおうどん頂きました。最高でしたよ、台湾で食う日本のうどんは!日本食バンザイっす!

Do you change early time ticket?

わかりますかね?結果からいうと通じました。 駅に着いた時点で確か19時とかでした。でも取ってた新幹線の時間までまだ2時間ぐらいある。寒いし、なんか他のことして時間つぶす気力も無いし、チケットを次に来る新幹線の時間に変えてもらおうと試みました。 駅員さんに声をかけます。

「Do you change early time ticket?」

あれ、失敗?

違いました、窓口がここではなかったようです。新幹線なのでしっかり、みどりの窓口的なものがあったんですね。そっちに移動です。

さぁもう一度。 「Do you change early time ticket?」 「OK」 わぉ、通じました。

予約してたチケットは割引がついてたがその差額だけ払えば変えてもらえるようでした。

助かった。ありがとう。

やっぱ台湾の人優しいよね。そこは大変気に入りました。

しっかり乗り場まで案内してくれて親切極まりない!素敵です。

そんなこんなで、一刻も早くホテルに帰りたかった私たちは10分後には新幹線に乗って板橋まで帰ることができました。

適当な英語でもしっかり伝わるもんですな。まぁこれGoogle翻訳使ったんですけどね。 そして爆睡。

4日目 この日はもう帰るだけですよ

早朝にチェックインしてさっそく空港へバスで向かいます。

台湾へ来た初日はテンパっておりましたが、もう滞在4日目ともなれば慣れたもんですな。

とってもスムーズに空港へ移動出来ました。

ここはもうダイジェストで、

  • とりあえず朝食
  • 持ったままだった悠遊カードを換金(空港でできるのは便利ね)
  • 余った台湾ドルを両替
  • 残った小銭でお土産購入
  • 並び席指定してたのに手違いで用意できてなかった(一悶着)
  • 帰りも「安全確認はご自身で行ってください」
  • おもてなしの国 日本へ到着 ## まとめ まぁまぁ楽しかった今回の旅行でしたが、正直残念なことばっかりでしたね。終始雨ってやっぱつらいです。天気は旅に大きな影響を及ぼすことを知ることができました。そういう意味ではありがとう台湾。 まー「九份」と「高美湿地」のきれいな景色をやっぱみれなかっのは残念でなりません。また機会があれば行きたいもんですね。

今回お世話になったガイドブック


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

もし、この記事が役に立ちましたら、ぜひ「いいね!」 をよろしくお願いいたします。

ご意見などありましたら@hippohackへお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加