HippoBlog
Web開発に関する備忘録や
日々の雑記ブログ
  • #Mac
  • 2020年2月17日
ENTRY TITLE

macOS MojaveでAdobe CS6を利用するためJava6ランタイムを偽装する

TEXT BY @hippohack@hippohack
TEXT BY @hippohack@hippohack
  • #Mac
  • 2020年2月17日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まず、タイトルの「偽装する」は厳密には違いますので悪しからずです。

実際は、Sierraのころにやってたことを最近またAdobeが必要になったのでCS6を入れる羽目に。で、案の定「以前のJava SE 6ランタイムをインストールする必要があります」とのこと。

TeX Alchemist Onlineさんの記事をブックマークしてたのを思い出したので再びお世話になることに。

たぶんOS上げたときに前に作っていた空フォルダは消されたんだろうと思います。

🆘エラー

CS6アプリ起動時のエラー表示

⚙️空ディレクトリを作成する

どうもフォルダの存在チェックが走るだけらしいので適切にフォルダを作ってやれば動く。ということらしいです。

必要なフォルダは以下の2つ。

/System/Library/Java/JavaVirtualMachines/1.6.0.jdk
/System/Library/Java/Support/Deploy.bundle

パスで書いてますが自分はFinder上からGUI操作でフォルダを作成しました。

/System/Library/Java/JavaVirtualMachines/1.6.0.jdk

/System/Library/Java/Support/Deploy.bundle

これでIllustratorもPhotoshopも使うことができます。

CCを使えばいいのですが、高いですもんねー。

🔍参考サイト


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

もし、この記事が役に立ちましたら、ぜひ「いいね!」 をよろしくお願いいたします。

ご意見などありましたら@hippohackへお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加